SUPERCUB Tourists! 〜 カブに乗って旅に出よう!

«前日 最新 翌日» 編集
RSS feed

1996-12-03 第2回Cub's Meeting手抜きレポート

_ 鈴鹿に集まった古いカブたち

会場に入って最初に目に入ったのが、ずらりと並んだOHVカブ。 Meeting自体が大阪のOHVカブ主体のCub's Club主催なので、自然と主役は古いカブになる。 実際、現行カブは数えるほどしかないのであった。

ずら〜っとならんだカブ。これ、ぜんぶ昔のOHVカブです。 みんな思い思いのドレスアップをしています。

今のカブと一番違うのは、この顔立ちでしょう。 これはかなり好きなので、復刻してほしいな。

こんなアレンジもありか!? 変に昔のままにこだわって乗られるより、 こんな感じに乗られる方がカブらしいかもネ。

OHVカブの誕生前にあった、Fカブ。 ただの自転車に見えますが……

ちゃんとエンジン付いてます。

_ 色々なカブ

会場にマシンを落ち着けていると、近づいてきた一人の男性がうちのカブのフロントタイヤを指さして 「このタイヤ、(フェンダーに)擦りません?」。聞けば、うちのとほぼ同じカスタムを拾ったC90に対して 行なっている最中とのこと。いろいろアドバイスしてあげました。しかし、まさか同類がいるとは 思わなかったな(笑)。モーターショウの影響らしいけど。ともあれ、OHVカブだけじゃなく、 いろんなカブが来ています。

以前から憧れていたCR110。 まぁ、カブとは違うけど、 かつてホンダの作ったすんごいバイクなのだ。

このでかいヘッドを見よ。 なんたって、50ccのくせにDOHCカムギヤトレイン。 今回はかつてない数のCR110が集まったのだそうだ。

遠来賞をもらった北九州の方のカブ。 ツーリングカブの中では主流の「箱派」に属します。 ちなみに私は林道を走るので、 荷物が中で暴れない「バッグ派」です:-)

これはすごいナンバーだなぁ。 もしかするとカブと同じ歴史があるのでしょうか。

モーターショウに出ていたオフカブ。 ここまでやれば林道も楽勝だろうなー。 まぁ、「やりすぎ」だと思うけど:-P ちなみにうちの方が先ですから(笑)。

これはカブレーサー。 何台か出ていたけど、フレームがそのままなコイツが好き。 リアサスがうちのカブと同じだ。

_ ホンダ・コレクション・ホール

会場は、ホンダの製品を展示したコレクション・ホールの前。 参加者にはここへの入場券が付きます。 中には、古いのから新しいのまで、さまざまなホンダが見られます。 いっぱい撮ったけど、主にカブ関連の写真だけ。

もっとも初期型のカブC100。 こんなすてきな色使いだったんだよな。今でも売れると思うけどねー。 対象マーケットがぜんぜん違う時代だったんだ。

アメリカに輸出された最初のカブ。 こんないい赤!! なんで国内で売らんの〜。

初期型のモンキー。これもカブの仲間。 うしろに見えるのはラッタッタ〜♪のロードパルだ。